ブラジリアンワックスのデメリット

12月 24th, 2013

ブラジリアンワックスに限らず、脱毛には、様々な皮膚疾患が考えられます。

現在、日本で行われている脱毛には、レーザー脱毛やフォト脱毛が有名ですが、

そのほかにも、ワックスやクリームによる脱毛、カミソリや毛抜きを使用しての脱毛があります。

脱毛を行う際の皮膚トラブルは、

一般的には、脱毛部位が赤くなる、痒み、毛穴の赤み、脱毛施術後の部位の腫れ、施術した部位の熱など、様々な症状が報告されております。

これらのほかにも、埋没毛や毛膿炎、色素沈着、痒みなどの肌荒れなどがあります。

敏感肌や肌の弱い方がブラジリアンワックス脱毛を行う際は、施術するスタッフに相談し、納得がいった上で行うようにしましょう。

脱毛を行う際のその日の体調にもよりますが、ブラジリアンワックス脱毛施術後に、部位が内出血を起こしたり、

腫れや痒みなどの肌荒れを起こす可能性が高いそうです。

This entry was posted on 火曜日, 12月 24th, 2013 at 9:47 AM and is filed under デメリット. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Both comments and pings are currently closed.

Comments are closed.